ボトックス治療は<br class=このような症状に有効です|名古屋駅の歯医者|名駅ファイン歯科・矯正歯科">

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目8
エニシオ名駅6階

名古屋駅出口徒歩1分

土日診療

トピックス TOPICS

ボトックス治療は
このような症状に有効です

歯ぎしり、食いしばりの改善

「歯ぎしり」と「食いしばり」は、無意識に歯を強く噛み合わせたり、横に動かしたりする行為のことです。このような習慣が定着すると、歯に過剰なストレスや損傷を引き起こし、歯の割れや歯周病の進行などのリスクを高めます。これらの行為によって、噛む機能に関連する咬筋という筋肉が過度に緊張し、肥大することがあり、これが顎の痛みや血行不良、ストレス、頭痛、肩こり、エラの張り、顔のむくみなどの原因となることもあります。咬筋の過度な緊張を和らげ、これらの症状を軽減するためには、ボトックス注射が効果的な治療法とされています。

口角の下垂

年齢と共に、表情筋の弱化や重力の影響で口角が下がりやすくなることがあります。歯の摩耗が原因で噛み合わせの高さが低下することも、口角の下降につながります。多くの人が、気づかぬうちに口角が下がっていると感じることがあります。 口角の位置は、口角を持ち上げる「口角挙筋」と下げる「口角下制筋」の筋力バランスによって決まります。ボトックス注射は、下げる筋肉の活動を抑えて上げる筋肉が優位になるようなバランス調整を行い、口角を引き上げる効果があります。

ガミースマイルの治療

ガミースマイルは、笑うときに歯ぐきが過度に露出してしまう状態を指します。ガミースマイルは、心からの笑顔を抑えたり、写真撮影時に自信を持って笑えないなど、見た目だけでなく心理的にも負担を感じる原因になります。多くの人がガミースマイルをコンプレックスとして捉えています。 ガミースマイルの背景には様々な要因がありますが、特に「上唇を持ち上げる筋力が強すぎることで歯茎が過度に露出する」場合、ボトックスによる治療が効果的です。これは、上唇の動きをコントロールする「上唇挙筋群」にボトックスを注入し、不自然に唇が上がり過ぎるのを防ぐためです。